管理者

メンバー紹介

管理人

エンジニアと講師の2つの顔を持つ男

下半身の病気で、車椅子を乗りながらITの会社を経営する「あまちゃん」と申します。
28歳ぐらいから症状があり、初めは杖を使って、30歳からは車椅子の生活をしています。
30歳までは、病気という自覚があまりなく、外回りをする仕事をしていました。
その30歳になった時に、症状が発症し歩けなくなりました。
その後、症状に反発して、暴れたりしましたがその後ある事によって
考える方向性が、180度変わりました。
その内容は、別途ブログで記載します。
その後、車椅子での仕事となり、いくつかの会社を勤務しましたが、色々と障害に関する事で自分には合わずに、フリーランスをして自分に経験と自信をつけて自分の会社を作り今は小さいながらも運営しています。

内容的には、スマホアプリのエンジニアをしながら、専門大学でのプログラミングの講師を3年させてもらっています。(生徒に障害のある子の教育もしています)

このような私ですが、車椅子に乗るようになり多くの問題点などにあたってきました。
その上で解決運動の為に、県のバリアフリーの講義参加や座談会を開催したりしています。
1人の小さい行動かもしれませんが、公開する情報からの皆様の考えや行動、または生活の改善になればと思っています。宜しくお願いします。